« パターン・ランゲージ | トップページ | RSSリーダーとOS8.6 »

2004.01.28

家の呼び方

from 村瀬春樹著『本気で家を建てるには』

 昔ながらに工務店の大工さんが建てるのは“家”である。・・・・
 クリエイティブな建築家がつくる(創る、造る)のは“作品”だ。・・・・
 ハウスメーカーの営業マンが売るのは“商品”だ。・・・・
 ついでにいえば、不動産業者が取引するのは“物件”である。・・・・ その土地に建った家には“上物うわもの”なる蔑称が与えられる。

 「家の呼び方」よりも動詞が異なることに注目したい。
 実際、業者によって動詞が異なるということはすぐわかる。ということは、施主側 も依頼する業者によって動詞が異なっているんじゃないかな。だからきっと、したいことと依頼先を間違うと不幸がはじまる。
 ところで、 建築家に依頼する施主側の動詞はなんだろう? 私はやっぱり「つくる (創る、造る)」だと思う。「買う」気持ちでいると苦労する。やっぱり施主も「つくる」から家を建てるということは愉し、険し。

|

« パターン・ランゲージ | トップページ | RSSリーダーとOS8.6 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3635/144458

この記事へのトラックバック一覧です: 家の呼び方:

« パターン・ランゲージ | トップページ | RSSリーダーとOS8.6 »