« 電話は復旧しました | トップページ | 高断熱住宅技術セミナー »

2004.09.13

藤井フミヤ展

 「藤井フミヤ展」@大丸ミュージアム・梅田

 初の個展から10年目を迎える作品展。彼の10年の軌跡を一堂に展示 ということです。

 この人、面を描くより線を描く方がうまいなって思いました。
 「CGアート」と言っても初期の頃はコンピューターの性能いっぱいに画像を切り貼りしてコラージュを作っている感じ。けれど、Illustratorで描く線は急に躍動感を持ち、線が生きているように思いました。こういう絵がきっと好みです。
 そののちの「KIRIE」(切り絵)はそのまま線の動きを持ち続けるけれど「HARIE」(貼り絵)になるとまた面の絵に戻ってしまったという感じでした。

 「イームズの家具を置く感覚でカッコイイかなとコンピューター手にした」というようなことが書いてありましたが(詳細はうろ覚え)、やっぱり普段からイイモノを見ている人の絵だなと感じました。

 ちなみに私、歌の方は「Mother's Touch」(藤井郁弥)が好きです。

|

« 電話は復旧しました | トップページ | 高断熱住宅技術セミナー »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3635/1425715

この記事へのトラックバック一覧です: 藤井フミヤ展:

« 電話は復旧しました | トップページ | 高断熱住宅技術セミナー »