« 電話がつながりません(こうさぎ) | トップページ | C.F.A.ヴォイジー »

2004.10.01

ウィリアム・モリスとアーツ&クラフツ展

 「ウィリアム・モリスとアーツ&クラフツ展」@大丸ミュージアム・梅田

美しいものだけが、現在(いま)に生きる
日本初、モリスとアーツ&クラフツ運動の全貌

 えっ?何が日本初なの?
モリスのデザイナーとしての仕事を中心に、英国でのアーツ&クラフツ運動の流れを総合的に紹介する、日本で初の試み ということでした。

 「アーツ&クラフツ運動」は19世紀末期、産業革命によって、低品質の製品が大量に生産されたことに対し、モリスらが起こした反機械生産。手工芸による中世様式の復活を試みた運動。(なんだか、近年と似たような動き。)
 木々をモチーフとした作品がたくさん展示されてありました。

 ウィリアム・モリス氏は有名ですが、展示されている作品の中で“いいな!”と思ったモノの8〜9割が、チャールズ・フランシス・アンズリー・ヴォイジー(Charles Francis Annesley Voysey)氏の作品でした。壁紙・椅子・置時計・タイルといくつもの作品がありましたが、彼もモリス同様、建築家です。(・・・・と、自分への覚書)

|

« 電話がつながりません(こうさぎ) | トップページ | C.F.A.ヴォイジー »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3635/1565481

この記事へのトラックバック一覧です: ウィリアム・モリスとアーツ&クラフツ展:

« 電話がつながりません(こうさぎ) | トップページ | C.F.A.ヴォイジー »