« 鶯 | トップページ | 仕口ダンパー »

2005.03.18

Happy Hacking Keybord

 また「Happy Hacking Keybord」新規購入しました。
 

 長年使ってきたHHK PD-KB02/M(写真左下)が調子悪くなったため(コーヒーがかかった?)入替えを決意。やはり左下のcommandキーが動かなくなるととても不便です。

 今回は「Light2(USB)日本語配列かな無刻印タイプ」にMac接続キットを導入しました。(写真右上)
(拡大)

 日本語配列は今回初めてだったのですが、普段PowerBookで日本語配列を使用しているのでそれほど違和感はありませんでした。「英数」「かな」キーがついているのでちょっと便利かも。でも右の「Fn」キーが遠くなった。
 もともと「Happy Hacking Keybord」には日本語配列がなかったので英数配列をいくつか購入していたのです。それにローマ字入力するのにひらがな刻印もうっとぉしかったし。
 今回はかな無刻印モデルがでているので使ってみました。本来スペースキーの両側には怪しげな記号のキーがあるのですが、Mac接続キットにて見慣れたキーに付け替えています。

 このたびキーボードをADB接続からUSB接続に切替えて(本体はG3 350)この「Light2」付属のUSBポート、いままでUSBハブを介したとき再起動しないと認識しなかった機器が普通に認識してくれています。手元にUSBポートがあるので結構重宝しているのす。

|

« 鶯 | トップページ | 仕口ダンパー »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3635/65471096

この記事へのトラックバック一覧です: Happy Hacking Keybord:

« 鶯 | トップページ | 仕口ダンパー »