« 耐震性の問題(BlogPet) | トップページ | デザコン(BlogPet) »

2005.12.21

電線地中化問題

先日の記事では「景観問題は電柱をなくせばいいというものではない」というようなことを書いた。でも決して電線地中化に反対しているわけではない。景観における電線の問題点をよく考えておかないと“電線地中化”だけが目的になりそうでイヤなのだ。

 松原隆一郎:著「失われた景観—戦後日本が築いたもの」の『電線地中化問題』の章にそのあたりのことが書かれてあるので参考にしたい。

まずイギリスやアメリカの電線地中化は景観の問題ではなく、英国では街灯設置において費用の面からガス灯へのハンディとして、米国では裸線が無数に架空されていたため感電死者が数多くでたため地中化が義務づけられるようになった。
日本では電線が戦後復興のもと、安く電気を供給できることが最重要課題であり、また米国のような社会問題が深刻化される前に被服電線が普及してしまった
というような記述がある。
そう、欧米では景観の点から電線が地中化されたわけではないようだ。(結果的には景観に寄与しているが)スタートの考え方が異るので景観の問題だけを掲げて地中化を求めるのではハードルが高そうだ。

続きを書いた

|

« 耐震性の問題(BlogPet) | トップページ | デザコン(BlogPet) »

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

買っちゃいました♪うふうふ。

続きを読もうと思ったら「つもり」で、、、、
「やられた」感あり。

投稿: あさみ | 2005.12.21 11:35

途中まで書いているのですが、書ききるまで持ってるとなかなかアップできないのですよ。
そのうちまとめます。
この本、神戸の景観問題についても書かれてあります。絶賛する気はありませんが、ルポとして読んでます。

投稿: ちはる | 2005.12.21 12:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3635/7742506

この記事へのトラックバック一覧です: 電線地中化問題:

» 電線地中化問題その2 [ちはろぐ]
先日の続き。 次に地中化の費用を誰が出すのかという問題。  松原隆一郎:著「失われた景観—戦後日本が築いたもの」によると、結局日本では「安い電気の安定供給」とい [続きを読む]

受信: 2005.12.28 08:09

« 耐震性の問題(BlogPet) | トップページ | デザコン(BlogPet) »