« 三木市のなまこ壁 | トップページ | 三木市のなまこ壁(BlogPet) »

2006.01.19

境界領域

雑誌『Casa BRUTUS 2月号』は恒例の住宅案内。

西沢立衛は、
ひとつの家を10個の箱に分けました。


 誌上では「サイズの異なる直方体がいくつも並んだ様子は、彼が妹島和世と共同で手がけた金沢21世紀美術館を連想させる。」とあるが、私は『PLAYBOYの家』を思い出しました。
現実離れした・・・・と思っていましたが、実現しているのに驚きです。

ところで、これらは用途不可分の建築群なのでしょうか?
最終的には全体が建主の個人住宅になる予定だ。」とあるのであくまでも1件の家なのでしょうね。まさに「戸建て住宅と集合住宅の境界領域ともいえるプロジェクト」です。
貸家を建ててその収益で自宅を建てるということを考えれば、頭のいいプロジェクトだと思いました。

西沢立衛さんって西沢大良さんと兄弟だったんですね。

関連ページ
PLAYBOYの家

|

« 三木市のなまこ壁 | トップページ | 三木市のなまこ壁(BlogPet) »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3635/8229722

この記事へのトラックバック一覧です: 境界領域:

« 三木市のなまこ壁 | トップページ | 三木市のなまこ壁(BlogPet) »