« 京都タワーと中京郵便局(BlogPet) | トップページ | データベースソフト »

2006.01.14

「黄金比は美しいか」

美しくなれる建築なれない建築—慣習の美学
 7章「黄金比は美しいか」
 8章「パルテノン神殿と桂離宮」より

古くから、これらに関する権威者と思われている人たちが、しきりとほめそやして、美しいプロポーションだといったり、世界に比類のないものだといったことに、われわれ素人は見慣らされ、ついには盲従させられて、今日にいたっているような気がしてならない。
 “黄金比”やその比率を長辺と短辺に持つ“黄金比長方形”は、はるか昔から美しいと言われている。しかし著者田口武一氏は「それは本当に美しいのか」という。古くから「美しい」と言われ続け、「これが美しい」と慣らされてきたから人は「黄金比は美しい」と言うのではないかと言う。
 √2長方形は紙の規格などでよく目にする形だが(黄金比に対して白銀比と言うらしい)、こちらの方が見慣れているせいで美しいと感じる人が多いのではないかというのだ。

 パルテノン神殿も「黄金比を取入れたプロポーションである」とか、「錯視を補正するためむくりがある」というのは立面図を見ればそうかもしれないが、実際に見える場所からはそういうことなど関係がないということだ。

 ここではかねてからの「見慣れているから美しいと感じる」というほかに「権威ある人が美しいというから美しい」という考えがでてきた。
 パルテノン神殿の美しさは実物を見ていないのでなんとも言えないが、授業では「どうしてここに補助線を引くのか」疑問に思ったことはある。
 はっきりと疑問を投げつけている書物に出会えて嬉しく思う。


 見慣れているせいもあるが√2長方形は縦に2つ並べれば横置の√2長方形ができる。美しく扱い易い形だ。一方黄金比長方形は並べたり組合わせたりすると別の形ができるので、本当に美しいのか分からなくなるときがある。
 しかし扱い易いということでは正方形が美しいのかもしれないが、安定しすぎて面白くない。そういう意味では√2長方形は安定している気はする。心に響くには少し危なっかしく不安定なところが必要なのかもしれない。


|

« 京都タワーと中京郵便局(BlogPet) | トップページ | データベースソフト »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

うわ。めっちゃ深いですね。

多少いじわるなことを言いますが、慣れによって美しいと感じることを疑うと、「美しいもの」がアプリオリに存在するのかどうか、という議論に突入してしまいますね。

人間の遺伝子に組み込まれた、純粋に「美しい」ものというのが存在するならば、それを突き止めればいいわけです。しかし、どうやらそうではないところが問題を複雑にしていますね。本当に美しいもの、美しさのメートル原器が存在しない以上、慣れによって美しく感じることを疑うのは、どうも姿勢として疑わしくないですか?田口さんの「それは本当に美しいのか」という問いの立て方に問題がありそうです。

あ、なんか議論が青臭いですね、、。しかし、編集長としては、全てを相対化してケムにまこうというつもりはありません。どちらかといえば、「それは私にとって、このように美しいのである」という方向性を持った意志が大切なのだろうと、、、、。<うわ、どんどん青臭くなっていく、、、(楽しんでますが)
でもまあ、それが今すぐできるくらいならば、今の編集長の足踏み状態もない話なワケですね、、、、。

「心に響くには少し危なっかしく不安定なところが、、、。」
なるほどなあと得心しました。さすがですね。
『あさみ新聞』が売れない理由が分かったあるよ   ヾ(・・;) コレコレ

■余談■ 編集長の恥ずかしい話
某所の景観デザインのキャッチフレーズ。
「○○に吹く マルセイユの風」とか突然書いておこられました。
担当役人:「なんで突然マルセイユやねん」
編集長 :「だって、こうなったらいいなあって思ったから、、、結構似てません?」

これで通るはずもありませんな(恥

投稿: あさみ編集長 | 2006.01.14 21:04

上記エントリーは私の備忘録ですので、おもいっきり抜粋しています。田口氏がどのように述べているかは著書を確認ください。

さて、人間の遺伝子に組込まれた「美しさ」は存在すると思います。そうでなければ世界中に名画や名曲が広く知れ渡るはずがないのです。しかし一方後天的な「美しさ」も存在します。これは地域や世代によっても変わるものです。どちらかといえば「好み」なのでしょうが、当人にとってはなかなか前者と区別がつきにくいかもしれません。

黄金比は美しいものだと思います。同様に白銀比も美しく思います。ただ、それらを使って構成しているからと言って、必ずしも美しいものができるとは限らないというのが面白いところだと思います。
>「心に響くには少し危なっかしく不安定なところが、、、。」
という点は私の研究テーマの1つなので(まとめたことはないけど)、時々書いていきたいと思います。

投稿: ちはる | 2006.01.15 20:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3635/8158824

この記事へのトラックバック一覧です: 「黄金比は美しいか」:

» 黄金比 [「しょうま」のあんま ぼやきブログ]
ダヴィンチ・コード下巻を読んでいます。 上巻には『黄金比』という言葉が出てきました。 「黄金比」とは、古代ギリシア以来「神の比」とまで呼ばれ、人間にとって最も安定し、美しい比率です。建築や美術的要素の一つとされています。 縦横2辺の長さの比が黄金比になっている長方形は、どんな長方形よりも美しく見えるといいます。 黄金比で作成された四角形の縦横の比率は、縦:横=1:1.618となります。ギリシャのパ�... [続きを読む]

受信: 2006.01.14 22:01

« 京都タワーと中京郵便局(BlogPet) | トップページ | データベースソフト »