« さかなさかな | トップページ | きのうはここへアップルみたいな竣工♪(BlogPet) »

2006.11.22

銀座はこれだけ

アップルストアなんかも見てみたかったけれど、足早に駆け抜けました。

中銀カプセルタワービル
設計:黒川紀章/黒川紀章建築都市設計事務所
竣工:1972年

黒川紀章氏は今年、文化功労者賞を受賞。
黒川氏と言えば「メタボリズム」
「メタボリズム」と言えば「中銀カプセルタワービル」が真っ先に思い浮かぶのだが、このビルも建替えが決まっているそうな。
理論と現実はうまくかみ合わないものなのか。


静岡新聞・静岡放送東京支社
設計:丹下健三
竣工:1967年

同じく「メタボリズム」というカテゴリに入れられている建築。



理論はともかくこの時代の建築って見てるだけで面白い。
海洋堂さん、フィギア出さないかな?

|

« さかなさかな | トップページ | きのうはここへアップルみたいな竣工♪(BlogPet) »

東京紀行'06」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
建築素人ですが、好きで雑誌を立ち読みしたり、時々写真を撮っています。
今日、上で掲載されている、静岡新聞・静岡放送本社ビルに行って写真を撮ってきました。
この時代の建築は、なんというか高度成長期の高揚感が感じられて好きですね。

東京って(実は)行政が後手後手に回った結果、パッチワーク、レイヤー構造になった街だと思うので、隙間や裏がいっぱいあって、じっくり見て回ると楽しいです。

投稿: domo | 2007.12.16 22:35

domoさん>いらっしゃいませ。
私もこの時代の建物、大好きです。
著名な建築家の設計でなくても街なかに存在感のある姿を見せていることが多いです。
年代としては築40年前後ですので、建築史的には新しいと言えるでしょう。しかし耐震基準を満たしていないという理由で次々と取り壊されているのが残念です。

行政がきっちり計画した街が成功するかといえば、それはないと思います。計画の仕方が間違い、もしくは計画することが間違い。そんなところだと思います。


投稿: ちはる | 2007.12.17 09:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3635/12781691

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座はこれだけ:

« さかなさかな | トップページ | きのうはここへアップルみたいな竣工♪(BlogPet) »