« 年赤い(BlogPet) | トップページ | さかなさかな »

2006.11.20

タルバガンライブ雑感

11月19日 タルバガンライブ

「タルバガン TARBAGAN」は、等々力政彦 (トゥバ音楽)と嵯峨治彦 (モンゴル音楽)、日本人二人の、民族音楽ユニットです。
TARBAGAN BLOG」より

久しぶりに等々力政彦さんの生うぃうぃ(フーメイ)を聞く。
タルバガンの音はやっぱり草原の音だ。
目を閉じて聴くと風が吹抜けるように空間が広がっていき、
時折天高く鳥が飛び去る。

そしてタルバガンとゲストサカキマンゴーさんのアフリカの音。
まさに音と音の塗りたぐりあい!

こういうこと建築ではちょっと想像できない。羨ましくもあり、やってみたいなという気にもなる。

生の音を浴びるとなぜか身体の調子がいい。もしかして癒し効果なのか?
(うぃうぃでラクダも泣くのは本当?)

|

« 年赤い(BlogPet) | トップページ | さかなさかな »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3635/12758099

この記事へのトラックバック一覧です: タルバガンライブ雑感:

« 年赤い(BlogPet) | トップページ | さかなさかな »