« conejoがblogー(BlogPet) | トップページ | 青山通り »

2006.11.10

次は代々木競技場

早々と三田をあとにして原宿へ向かう。
東京の電車に乗るとき気になるのは「こんど」という言い方。駅で表示を見かけることはなかったが、アナウンスでは「こんどの列車(電車?)は・・・・」という言葉を耳にした。
私の感覚では「つぎ」というのはまさに次なのだが、「こんど」というと間に他のモノがはさまっている気がする。
例えば、一次会の帰りで「次、いきましょう!」「いやぁ、またこんどにしとくわぁ」という言い方をするので、「こんどの列車」なんて言われると「いつくる列車?」と気になってしまう。

さて、原宿駅を降りて竹下通りを眺めながら、代々木競技場をめざす。
(一度、代々木まで行ってしまったことはナイショだ)

残念ながら、入る方向を間違えて近くまで行くことのないまま渋谷に出てしまった。
ゆっくり見るのはまたこんど。


|

« conejoがblogー(BlogPet) | トップページ | 青山通り »

東京紀行'06」カテゴリの記事

コメント

東京に行くといつも混乱するのが、この「こんど」です。
ちはるさんは駅の表示で見なかったみたいですが、よく私が見るのが「こんど」「つぎ」「そのつぎ」とかかれた駅の案内です。
「こんど」「つぎ」ってどっちが先なん?って思いませんか?
関西の「先発」という方がずっと分かりやすいのに、っていつも思っています。

投稿: akanem | 2006.11.11 20:20

akanemさんは関西人ですよね。
東京でも「先発」「次発」が増えてきていると聞いていますが、私が見なかったのは単に複数のホームがなかったからだと思います。

「こんど」と言う表記がおかしいのではなく、
先発=つぎ 次発=こんど
というようにしておけば混乱してないと関西人の私は思うのです。(理由は本文に書いたとおり)

「またこんど」というニュアンスの違いが、「いいかげんな関西人」という風にとられる原因の一つではないかという気もします。

投稿: ちはる | 2006.11.12 11:43

関東ネイティブの私も若かりし日に混乱しておりました。私の納得の仕方はこう。
「今度の次」。
「今度」と「次」って字面からいけば今の方が早そう。
で、「今度の次」と覚えてました。
関西の感覚で「こんど」ってのが、そういうものだと、ちはるさんのエントリーで初めて知りました。

どっちにしても、先発・次発の方が分かりやすいのは確かです。

投稿: あさみ編集長 | 2006.11.16 19:12

あさみ編集長>お元気ですか?
調べてみると「今度」というのは「このたび」という感覚のようです。
これだと確かに「次」より前にきます。

>関西の感覚で「こんど」ってのが、そういうものだと、

みんな、そうだよねぇ?>関西の人

投稿: ちはる | 2006.11.16 20:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3635/12630451

この記事へのトラックバック一覧です: 次は代々木競技場:

« conejoがblogー(BlogPet) | トップページ | 青山通り »