« ブログエディタ | トップページ | 茅葺シンポジウム »

2008.12.08

町並みを修復するということ

三木歴史街道まち並み・まち家勉強会 @日月くらぶ

日月くらぶ

まち並みを、建物を修復することは、それに伴う様ざまなことを修復するという点に共感する。 家族であったり、地域や産業であったり。

修復事例として石屋さんの家が映されていたが、やはり石をうまく使ったりしている。 当たり前のようだが、ならば「金物のまち 三木市」に金物(曳きのこ、かんな、のみ等)を使わずに建てる家が増えているのはおかしな話。

古民家の修復にはそのような大工道具とそれを駆使する技術が必要。それらが活躍する場所を増やすことが金物産業には大切なこと。

ならば、「さすが地元」と思われるようなまちをめざすべき。

|

« ブログエディタ | トップページ | 茅葺シンポジウム »

三木市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3635/43355973

この記事へのトラックバック一覧です: 町並みを修復するということ:

« ブログエディタ | トップページ | 茅葺シンポジウム »