« 美嚢川の桜 | トップページ | 朝妻さんへ 横からレス »

2009.04.15

「古い」が取り柄の家は

「新しい」だけが取り柄の家はすぐにいいところが無くなるが、
「古い」が取り柄の家は年月を重ねる毎に価値が増す。


古い家を改修しようとすると、新築並みに費用概算がでることがある。

「だったら新築の方がいい」

というかもしれないけれど、ここで言う「新築」とは必ずしも今よりいい材料を使うとは限らない。
古い家でもまだまだ使える高価な材料を使用していることが多々ある。

またこのような材料は再生することによって永く使え、いにしえの価値が増す。

新築でもこのような材料を使えればいいのだが、コスト重視、効率重視の体系ではなかなか採用することが難しい。

|

« 美嚢川の桜 | トップページ | 朝妻さんへ 横からレス »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

私事ながら、塩屋に永住を決めました。
また、後ほどご案内をいたします。

投稿: あさみ編集長 | 2009.04.19 18:42

あ、追伸です(説明不足すぎたね・・)
塩屋で昭和40年築の平屋を手に入れました。

投稿: あさみ編集長 | 2009.04.19 18:43

↑何をしているかと思えば・・・・
なんか楽しそうo(*^▽^*)o

投稿: ちはる | 2009.04.19 19:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3635/44674872

この記事へのトラックバック一覧です: 「古い」が取り柄の家は:

« 美嚢川の桜 | トップページ | 朝妻さんへ 横からレス »