« 西脇(BlogPet) | トップページ | 4月のつぶやき第4週 »

2010.04.22

「無常」意識の住まい

いまさらながら「Chakuwiki」をさまよっています。

この日本の噂のところで

建物は使い捨てにする。
(略)
日本では永遠に続くものはないっていう「無常」という考え方が基本にある。だから木造建築は1000年持たせる技術はあるのにその建物自体が建て替え前提だったりする。
というの表現に納得。

「住宅の耐震改修が進まない」などとよく耳にしますが、永遠に続くものはないという考えが根底にあるので、「次に建てるときにしたらいいやろ」ということです。
次がいつかは分かりませんが。

「家は3回建てないと満足できない」なんていうのも、「無常」の意識があるからかもしれません。
いまの状態は仮住まい。
いつまでたっても仮住まい。
所詮この世は仮住まい。

日本人は多かれ少なかれこの意識に支配されているということを覚えておくといい気がします。

ところで、「兵庫の冷蔵庫」という項では「湿布」「釘煮」「味覇」などこちらも妙に納得。
昔、電池も入ってた気がします。

|

« 西脇(BlogPet) | トップページ | 4月のつぶやき第4週 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

語録」カテゴリの記事

コメント

どうも!朝妻です。

なるほど、実感します。

いわゆる注文住宅でも、建築家とつくっても、ほとんどが何十年のローンで建てる。

なんとなく、自分のものなのに借り物の様。

何のために建てるのか?

あら、話がそれていきそうだから
この辺で止めます。

投稿: 朝妻 | 2010.04.23 10:29

朝妻さん>
私も「ローンで建てる」ことが「借り物の様」
である原因だと思っていました。
でもローンでも購入した人のものなのだから
意識的には関係ないはずなのに・・・・

「無常」の意識がはたらいているんだと
考えると納得してしまえるんです。

意識は使い捨てなのに高い金額をかけないと
つくれないというところが悩ましいところです。
「終の棲家」という言葉が流行るのも
高額の家なのだから、使い捨てにしないように
という啓蒙なのでしょうか。

でも「無常」さんはとても強い気がします。

投稿: ちはる | 2010.04.24 06:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3635/48152974

この記事へのトラックバック一覧です: 「無常」意識の住まい:

« 西脇(BlogPet) | トップページ | 4月のつぶやき第4週 »