« 「市民」像の変容と地域社会 | トップページ | 推奨(BlogPet) »

2010.06.03

「地縁型組織」と「機能型組織」

昨日の続き。
『「市民」像の変容と地域社会』 という研究報告書によれば、市民活動組織は「地縁型組織」と「機能型組織」があるという。
また1970年代以降、コミュニティ政策において、地域コミュニティの基盤を町内会・自治会などの地縁型組織に置くか、目的に合わせて設立される機能型組織に置くかについて長く議論されてきた。その延長上で考えると、1990年代以降に盛んになった市民と行政のパートナーシップの議論は、機能型組織を重視する。
時代は機能型組織に移っているようだが、本当に強いのは地縁型組織だと思う。地縁型組織は元々行政主導・・・・というよりは地縁も行政もそれ程開きはなかった時代にあったのだろう。
しかし地縁が薄れ、かつ行政と市民がかけ離れた現在においても、行政は今なお地縁型組織(とその手法)を利用するしかないシーンが多い。
(自営業の勤務証明に会ったこともない民生員に印鑑をもらってこいとか、3階建を建てるのに自治会長の印鑑をもらってこいとか。三木市じゃないけど)

地縁というのは元々住んでいるからできるわけで、永年住民が変わらないことを前提に成り立っている。
地縁型組織にしても自発的に発足したモノは別だが、行政主導で作られた組織では行政が導くことをヨシとしない現在、何を続けていくべきなのか。存続することが難しくなっている。

薄れてきた地縁型組織に機能型組織を掛け合わせることを常とするようにしておかないといけないんだが・・・・機能型組織の存続も奉仕に頼るようでは地縁型組織より危ういと思う。

|

« 「市民」像の変容と地域社会 | トップページ | 推奨(BlogPet) »

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

活動って…なんだろう…?

投稿: BlogPetのconejo | 2010.06.03 15:43

conejoいい感じだ。

機能型って、たとえばH2○とかかなあ?
(あ、伏字になってない・・・)
地縁型に機能型を掛け合わせるってのは、なかなか良い考えだと思いますが、私個人的としては実際にどう掛け合せられるのか全く見えてないところが弱いところです。

投稿: あさみ編集長 | 2010.06.03 16:34

あさみ編集長>
たとえば「小規模集落支援サポーター」が派遣されるとか。

いや、人口の問題でなく生活スタイルが変化しているので従来の地縁型ではやっていけないんですよ。
昭和40年代のシステムでは。

そんななか、たとえばマンション建設だのラブホテル建設だの地域に課題が降ってきたらどうしようもないだろうなって思うのです。

私も仕事柄何もかも建設反対なんていいません。
が、地域にとって良い方向を示す手段のような機能型を地縁型は手にしておく必要があると思うのです。

投稿: ちはる | 2010.06.03 17:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3635/48531614

この記事へのトラックバック一覧です: 「地縁型組織」と「機能型組織」:

« 「市民」像の変容と地域社会 | トップページ | 推奨(BlogPet) »